北海道地震の「人工地震陰謀説」がインターネット上に浮上!悪魔の数字「18」&余りにも不気味なUFO目撃情報!

発生するわけがない場所で発生してしまった地震

2018年9月6日3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする大規模な地震が起きて、44人が息を引きとる前代未聞の大地震になってしまいました。

最大震度は7です。

地震発生直後は北海道全エリアが停電してしまったり、交通機関が稼働しなくなる等の大混乱に見舞われました。

依然として一部エリアで断水が継続しています。

避難所で生活している方達がいたりしますし、100% の復旧はまだ遠い感じです。

スポンサーリンク

毎回のことですが、大規模な地震が発生するとインターネット上では自然地震ではなく「人工地震じゃないか?」というような陰謀論が聞こえてきます。

この度は地震が発生する確率は低いと考えられていた北海道で発生した事もあって、ネット上は色々な話が飛び交っている状況なんです。

現在まで北海道内陸部を震源とする大規模な地震はそれほど多くはありません。

実を言うと今回の地震は1834年に発生した石狩地震以来、実に184年ぶりの事なんです。

プレート上以外の場所で地震が発生したのは、多分、歴史上初めてのはずです。

気象庁の話では、日本国内で震度7が観測されたのは平成28年に起きた熊本地震以来で、観測史上6回目の出来事だそうです。

北海道で震度7の地震が起きたのは歴史上初ということもあって、「人工地震じゃないか?」という論争に拍車がかかってしまったのでしょう。

 

巨大地震に隠れている悪魔の数字

陰謀論者達の話では、人工地震は闇の支配者「イルミナティー」が起こしていると言います。

イルミナティーと言うのは、聖書にも出てくる堕天使ルシファーを崇拝する悪魔です。

秘密結社フリーメーソンの上位組織とされています。

全世界の統一を目標にするイルミナティー達は世界中の支配層に紛れこんでいて、非常に大きな権力を武器にして人類を支配しているというのです。

ですが、イルミナティーの正体は明らかにはなっていません。

何やら釈然としませんが、世の中には貧富の差や階級の差は間違いなくありますし、権力や富を手にしている人間が自分自身に有利になるように世の中を動かす事が出来るというのは紛れもない事実です。

そう考えれば、そうした人達が集まる秘密結社が存在したとしても不思議ではないと考えることができるはずです。

地震が自然に起こったんじゃなくて、人工的に起こしたものだとされる根拠の1つは悪魔の数字「18」です。

「18」が悪魔の数字と言われるのは、新約聖書の『ヨハネ黙示録』の中で“獣の数字”とみなされている6の3並び、666を足した数字だからです。

以前もお話した事がありますが、面白いことに大規模な地震や大きな災害が発生した日時からは、ほとんどの場合アクマの数字が出現します。

アクマの崇拝者であるイルミナティーが「18」に関係のある日時に災害や事件を起こして、暗に自らの力を見せつけていると考えられています。

そう言われると、これまで日本で発生した大規模な地震に関しては、年月日を組みあわせて合計すると「18」が出現します。

 

阪神・淡路大震災

1995年1月17日

1+17=18(月日を合算する)・

 

東日本大震災

2011年3月11日

2+0+1+1+3+11=18(年月日を合算する)

 

熊本地震

2016年4月14日

4+14(月日を合算する)

 

大阪府北部地震

2018年6月18日

18(日付そのものが18)

 

北海道地震

一見すると発生日時から18は出現しないように思えます。

ところが、組み合わせをチェンジしたり、西暦を元号にすれば、アクマの数字が出現します。

発生時刻、午前3時頃

9+6+3=18

発生年の元号、平成30年

3+0+9+6=18

これらの事が正真正銘、イルミナティーの陰謀なのかどうかは定かではありません。

ですが、18という数字の持つ神秘的なパワーに、ただ事ではない何かを感じとっている人達は間違いなくいるんです。

 

UFOも警告?

本年8月、北海道森町で居住者が数えきれない位、数多くのUFOを目撃したと報じられて、話題になりました。

水平に飛行するだけでなくジグザクに飛んだり、突然停止したり突然発進したりして、地球上の乗り物とは考えられないような動きをしていたと言います。

中には茶がまみたいな形状のUFOが映像に残っていて、今もって正体は明らかになっていません。

実を言うと、震災とUFOに密接な関係性があるかもしれないと主張する人がいます。

熊本地震の前にも、UFOを目撃したという情報がありました。

地震が起こる2時間前、熊本県上益城郡益城町の上空で二つ並ぶミステリアスな発光体が目撃されていたんです。

それと、東日本大震災発生時にもツナミで流されてしまった瓦礫の上を飛んでいるUFOが目撃されたんです。

ツナミのために大きな被害を被った福島原発の上空でもUFOの大群が目撃されました。

ある情報筋の話では、広島・長崎に原爆が投下されて以降、日本でもUFOが頻繁に目撃されるようになったという事です。

人類が核兵器を用いて、地球を滅亡させてしまうのではないかと心配して、UFOが偵察に来ていると言う人もいます。

陰謀論者のあいだでは、アイゼンハワーが大統領任期中の1954年に宇宙人と「核を廃止する」と密約を結んだと考えられています。

 

人工的に地震を引き起こす事は可能

陰謀論者のあいだでは、かなり前から“地震を引き起こす兵器”の存在が噂されていました。

地震兵器のからくりを明かすと、プレート境界面等の地震が発生しそうな場所に穴を掘って、そこで核爆発を起こして大規模な地震を誘発するらしいです。

1970年代にはアメリカとソ連のあいだで、「お互いに地震兵器で攻撃しない」という国際条約が結ばれたのは事実です。

記憶している人は少ないでしょうが、1950年代には、日本でも読売新聞が“人工地震”の事を何回も報じました。

地震に関しては未だに謎がたくさんありますが、熊本地震も大阪地震もこの度の北海道地震も、科学的に予測する事は出来なかったのです。

私達は科学には限界があるという事実を肝に命じなければならないでしょう。

去年12月、日本政府の地震調査委員会は、北海道東部沖の千島海溝沿いで、東日本大震災レベルのM(マグニチュード)9前後の大地震が「いつ発生してもおかしくない」と発表しました。

この度の北海道地震がさらなる大地震の布石にならない事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

おすすめの記事