【疲労】
倦怠感(けんたいかん)を
軽く考えてはいけない!

私事ですが、
近頃、何故か
身体のだるさや、倦怠感(けんたいかん)を感じています。

何かしようとすると、行動を起こすのに時間がかかってしまう……

このような人って結構多くいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

季節の変わり目は、体調に異変を感じやすくなります。

寒暖の差が大きいと、どうしても慣れるまでに時間がかかってしまい、
体調が今一つ良くないという方も多いみたいですね。

頻繁に「だるい」と感じるようなら、
何かしら病気のサインという可能性もあります。

ですので、
体調のちょっとした異変には注意してくださいね。

 

体調の異変、原因はどこ?

倦怠感(けんたいかん)は、
「疲れやだるさを感じるようなら、休憩しなさい」というサインです。

今みたいなストレス全開の社会で生活している我々は、
疲労や倦怠感(けんたいかん)を感じるのは当然の事と言えるでしょう。

疲労とか倦怠感(けんたいかん)は、
肉体的なものと精神的なものと2パターンあります。

肉体的なことが原因で疲労を感じる場合は、
スポーツをやり過ぎたり、
過労等が原因になっているケースが多いです。

あと何かしらの病気が関係している場合もあります。

例を挙げると
✔ 感染症や慢性的な炎症性疾患等による老廃物の蓄積
✔ 貧血や心疾患、肺疾患等による低酸素状態
✔ 低血圧
✔ 更年期障害や、糖尿病、甲状腺機能低下症等
✔ 低栄養、電解質の異常、神経活動の低下
✔ アルコール中毒を含む薬物中毒
等です。

精神的なことが原因で疲労を感じるようなら、
うつ病や不安障害、睡眠時無呼吸症候群等の可能性があります。

スポーツや仕事をやり過ぎた事が原因で感じる疲労や倦怠感(けんたいかん)は、
しっかりと休養すれば回復する可能性が高いです。

ですが、
何かしらの病気が原因の場合は、
その原因になっている病気を治療しなければ、
改善しない可能性が高いです。

疲労が回復しないようなら、病気かも

どのような病気でも、「疲れた、だるい」と感じる事はあります。

半年以上疲労が続いたり、
疲労が何回もくり替えされている状態を「慢性疲労」と呼んでいます。

日本人の約45パーセントがこうした慢性疲労を抱えているようです。

いっぽうで、
半年以上にわたって強い倦怠感(けんたいかん)や疲労感が続いて、
物事を判断する能力がダウンしてしまう
『認知機能障害』や
睡眠障害等の症状を伴う
『慢性疲労症候群』という病気があります。

これれの病気は「慢性疲労」とは違う疾患です。

近頃の研究によると
脳神経系の炎症が関連している事が明らかになってきています。

以前は、「疲れた」という感覚は、
運動等によって身体の中に乳酸が溜まる事で起きる感覚だと考えられていました。

現実に、
運動後は一時的に、血液中の乳酸量が増加します。

ですが、
これは一過性の変化にすぎません。

運動後1時間以内には元のレベルまで戻ります。

更に近年の研究で、
慢性疲労症候群の場合は、
脳の中に炎症が起きている、
或いは脳・神経細胞への血流が落ちている事が明らかになってきました。

 

身体に疲労を感じたら?

ある専門家は、
疲労回復に高い効果が期待できる方法として、
入浴、コーヒー、笑う、アロマセラピー、指圧等を挙げています。

リラックスすると精神的な疲労が無くなってしまったような気がします。

軽めの運動をしてグッスリ眠ったり、背中や身体の中心を温める事も、
倦怠感(けんたいかん)の改善に効果が高いです。

疲労や倦怠感(けんたいかん)を感じたら、
これらの事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それでも改善されないようなら、
何かしらの病気の可能性があります。

いずれにしても、
早期発見、早期治療が重要です。

病気が原因で疲労感がぬけないようでしたら、
出来るだけ早いうちにシッカリ治療するほうが良いでしょう。

そうすれば
元気に過ごす事ができますよ。

スポンサーリンク

おすすめの記事