【秋篠宮の乱に発展?】
小室圭どころではない!
秋篠宮殿下激高の裏に何が?
宮内庁批判の真意とは!?

秋篠宮殿下が先月末の誕生日に行った記者会見が各方面で波紋を広げています。

眞子様の結婚に関して、借金トラブルを抱えている小室圭さんに苦言を呈しました。

スポンサーリンク

そればかりか、
新天皇の即位後に行われる「大嘗祭」に関して
「宗教色が強いものについて、国費でまかなう事が適当かどうか」と異例とも言える批判が秋篠宮殿下の口から飛び出しました。

コレは果たして何を意味しているのでしょうか?

眞子様の結婚問題に関しては、
この日の会見では
「二人の意思を尊重する」くらいにとどめて
具体的な内容にまでは踏み込まないだろうと
多くの関係者は予想していました。

ところがフタを開けてみたら、
週刊誌報道でもあった小室圭さんのお母さんである佳代さんが抱えている430万円の借金トラブルを念頭に
「二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、
やはり、
それそうおうの対応をするべきだと思います」
「やはり多くの人がその事を納得し、
よろこんでくれる状況、
そういう状況にならなければ、
私達は、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行う事はできません」
とかなり厳しい口調でした。

宮内庁との事前の打ち合わせで
『大した話は出て来ない』と説明を受けていただけに、
面食らってしまう記者が続出したそうです。

眞子様の結婚問題以上に衝撃を与えたのは、
大嘗祭をめぐる発言です。

大嘗祭というのは
新天皇が五穀豊穣や国の安寧等を祈るもので、
皇位の継承にともなって行われる大切な儀式です。

平成の大嘗祭は政教分離の原則から国事行為にはなりませんでした。

いっぽうで、「公的な性格がある」として、費用は宮内庁の公費である「宮廷費」から賄われました。

新天皇になる皇太子様が来年11月に行う大嘗祭も、
政府は平成を踏襲して「宮廷費」で行う事を決定しました。

ですが、コレに秋篠宮殿下は
「宗教色が強いものについて、それを国費でまかなう事が適当かどうか」と述べたのです。

「内廷費」で補うべきというお考えを示されました。

更にこのような提案を宮内庁の山本長官に伝えた事を明らかにした上で、
「話を聞く耳を持たなかった」
「物凄く残念な事だった」と批判されました。

政治的な発言をする事を禁じられている皇室の人間が政府の決定に異を唱えるというのは極めて異例な事です。

秋篠宮殿下はここ数年、皇室が政府にないがしろにされていると感じられていたのかもしれません。

ウップンが爆発したのかもしれませんね。

眞子様と小室圭さんの結婚に関する情報は秋篠宮殿下自ら懇意にしている記者にリークしたという話もあります。

昨夏に行われた婚約内定会見までは、秋篠宮殿下も「してやったり」とご満悦だったそうです。

しかしながら、
昨年末に佳代さんの借金トラブルが発覚してしまって状況が一変しました。

当然ながら秋篠宮殿下は大混乱に陥りました。

ですが、その光景をあざ笑っていたのが官邸筋だと言います。

政治家S氏は小室家に借金トラブルが発覚して、結婚に暗雲が立ち込めると『ホラ、言った通りだろ!』と得意顔だったそうです。

S氏は、眞子さまの結婚相手として小室圭さんの名前が上がってからというもの、
小室圭さんの身辺を調査しまくっていたそうです。

そして、警察・公安関係者から
この度の借金トラブルや近親者に自殺者が2人いる事、
宗教上の問題等の報告を受けていました。

S氏は『殿下が自分の思い通りにやろうとするからだ』と言い放ったそうです。

この話を聞いた秋篠宮殿下は怒りが頂点にたっしたそうです。

何だかんだと皇室をコントロールしようとする政府への不信にも繋がった可能性があります。

官邸にはこの度の秋篠宮殿下の発言を大ごとにするつもりはありません。

現在火消しの真っ最中なのだそうです。

来年の新天皇即位を前に、皇室と政府の対立が深まって行く可能性もあります。

スポンサーリンク

おすすめの記事