ガキ使『笑ってはいけない』
ダウンタウンのギャラは
1000万円オーバー?
トータルだとやばい額に…

大晦日に放送される「笑ってはいけない」シリーズは年度末の風物詩として完璧に定着しました。

本年度も「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時」という題名で放送されます。

ギャラに関しては色々な噂が駆け巡っています。

ダウンタウンのギャラは1000万円オーバーと言われたりもしています。

スポンサーリンク

しかしながら、業界関係者の話では「1000万円なんてものじゃない」と語る方が多いです。

「1000万円なんて途方もないギャラを貰っているから止めるに止められないというような話も聞こえて来ますが、
ハッキリ言ってダウンタウンさんクラスの芸人さんがあれだけのロケをやって1000万円ならとっくの昔に手を引いてますよ。
要するに、もっともっと高額なギャラです」

(TV局関係者)

ダウンタウンの本当のギャラ

ロケは二日間と言いますから
二日で1000万円なら普通に考えたら超高額ギャラです。

ですが、実際はもっと貰っていると言うのですから驚くしかありません。

それでは一体ダウンタウンはどの程度のギャラを貰っているのでしょうか?

「大晦日の本放送は1人あたり1500万円なんだそうです。

更に本放送の前後には未公開シーンをまとめた特番も組まれています。

レギュラー放送でも毎回300万円位のギャラが支払われているので、
二日間のロケとスタジオ収録で1人あたり合計3000万円程度は貰っているようです」

(TV局関係者)

我々一般人からすると
ちょっと考えられないような金額ですが、
実を言うと、
更にプラスして印税収入もあると言います。

「DVD化と動画配信サービスから毎作1000万円ほど1人あたりに支払われています。

要するに、松本人志さんと浜田雅功さんお二人合わせて毎年8000万円の収入を『笑ってはいけない』から貰っているんです」

(TV局関係者)

スタジオ収録は1日でまとめて行うそうですから
ロケと合わせてトータル三日間で
毎年8000万円稼ぐのですから本当に凄いですね。

表舞台に立つタレントだけが稼いでいると考えがちですが、
この企画によって裏方さんもいい思いをしているようです。

「『笑ってはいけない』シリーズを企画したのは『ガキ使』で構成を務めている中堅クラスの放送作家さんです。

ダウンタウンさんの座付き作家の高須さんよりも若くて、番手としては上から3・4番目の作家さんです。

ですが、この企画が大ヒットした功績で現在は高須さんの次のポジションです。

更に企画料として毎年数百万円ゲットしているそうです」

(TV局関係者)

スタッフも含めて年度末に高額の臨時収入が入ってくるのですから
辞めたいという人は誰一人としていないでしょう。

この先も大晦日は笑いが絶えないはずです。

スポンサーリンク

おすすめの記事