【東日本大震災(3.11)の再来?】
北アルプス・焼岳で地震増加!

 

11月22日以降、長野県と岐阜県の県境にある焼岳(やけだけ)の周辺で有感地震が頻発しています。

この不気味な事態に、「噴火が近いかもしれない」という声が上がり始めました。

ですが、話はそれだけでは終わらないのです。

スポンサーリンク

実を言うと、
2011年に発生した東日本大震災(3.11)や2014年(平成26年)に発生した長野県神城断層地震の前にも焼岳(やけだけ)の周辺で地震が頻発していたんです。

焼岳(やけだけ)周辺での地震の増加は、
更なる巨大地震に繋がって行くのでしょうか?

その可能性について考えてみたいと思います。

焼岳(やけだけ)の群発地震、
火山性ではない!

焼岳(やけだけ)は標高2455mの活火山です。

日本百名山にも選定されました。

およそ二千年前が最後になるんですが、
マグマ噴火が何回か発生しています。

それ以降の火山活動は全て水蒸気噴火だと考えられています。

なお、1962年(昭和37年)に焼岳(やけだけ)で水蒸気噴火が発生してしまって全面的に登山は禁止になりました。

その後は規制が少しづつ緩くなって、今現在は噴火警戒レベル1です。

焼岳(やけだけ)で群発地震が始まったのは22日午前9時ころです。

震源は、山頂の北西1km~2km付近で、最大マグニチュード3.2の地震活動が継続しています。

23日に無感地震を含めて地震の回数が2000回に到達しました。

当初は火山性地震という報道もありました。

ですが、
26日に気象庁は
「今回の群発地震は地下のプレート活動などに由来する一般的な地震の可能性がある」
という見解を発表しました。

焼岳(やけだけ)周辺が揺れると、
巨大地震が続く!?

写真は「Wikipedia」から引用

焼岳(やけだけ)周辺では、2014年(平成26年)にも5月3日に群発地震が発生しました。

同じ日に30回をオーバーするマグニチュード2~3レベルの有感地震が発生しました。

この時は、島村英紀さんが
「半世紀の休止は火山ではよくある事で、
この先も噴火しない事はあり得ません。
いずれ群発地震から噴火への道をたどる事になるでしょう」
と注意勧告していました。

それでは、その後、何があったのかと言いますと、
焼岳(やけだけ)の噴火こそ起こりませんでしたが、
約半年後の11月22日に、長野県北部で「長野県神城断層地震」が起きてしまったのです。

マグニチュード6.7、最大震度6弱を記録したこの地震は、
負傷者46人、住家全壊81棟という歴史に残るほどの地震だったのです。

写真は「tenki.jp」から引用

更に焼岳(やけだけ)付近では、
2011年にも2月27日から群発地震が発生していて、
同日未明に発生したマグニチュード5、最大震度4の地震を皮切りに、
その後も28回のマグニチュード2~4レベルの地震が続きました。

それでは、その後に何があったのかと言いますと、
12日後の3月11日、忘れもしない東日本大震災(3.11)が発生したのです。

更に東日本大震災(3.11)の翌日未明には、
長野県北部を震源とする長野県北部地震(マグニチュード6.7、最大震度6強)が発生して、
3人が命を落としました。

今のところ、焼岳(やけだけ)の活動と巨大地震発生の関係性は全くわかっていません。

ですが、焼岳(やけだけ)周辺で地震が増えた後、
東日本で歴史的な大地震が起きたという事は紛れもない事実です。

27日早朝には、茨城県南部を震源とするマグニチュード5の地震が発生して、
関東地方は全域にわたって揺れました。

ひょっとしたら、
読者の中にもあわてふためいた方がいらっしゃるかもしれませんね。

この先、東日本大震災(3.11)の再来とでもいうべき大災害が起こる可能性は決して否定できません。

日々警戒を怠らないでください。

スポンサーリンク

おすすめの記事