ダイエットに最適な運動といえば
ジョギング!

健康診断で何か問題が見つかった男性にも、
健康や美容を意識してダイエットしたい女性にも、
ジョギングは自信を持ってオススメできます。

スポンサーリンク

そう言われても、
モチベーションをキープできるのか?

継続すれば本当にやせるのか?

ダイエットって、
どんな仕組みで痩せる事が出来るの?

ダイエットが続かない落とし穴はどこ?
等、
色々な疑問があるのではないでしょうか。

どうせジョギングに取り組むなら、
決して無理せずに、
正しい方法でチャレンジしてダイエットを成功に導いてください。

当たり前過ぎる話ですが、
「やせる」ためには体重を落とさなくてはなりません。

体重を落とそうとすれば
「水分」「筋肉」「脂肪」という3つの要素が非常に重要になってきます。

 

水分を減らす

人の身体は70%が水分で出来ています。

運動をしたりサウナに入ると発汗作用がはじまって、
体温を調節する機能が働いて、
水分がドンドン放出されるので体重が落ちていきます。

運動選手は激しい運動をした後に数kg体重が落ちたりします。

ですが、ほとんど水分が放出されたためです。

このような体重の落とし方をすると
脱水症状に陥る危険があります。

水分が不足してしまうと潤いを失ってしまい美容にも良くないんです。

水分を減らして体重を落とすのは正しいダイエットではありません。

 

筋肉量がダウンする

骨折してギプスをしたりすると、
筋肉を使わなくなってしまうので、
筋肉量が落ちます。

言うまでもなく筋肉は身体の構成要素です。

筋肉量が落ちれば当然体重が落ちてやせます。

とは言え、筋肉量を落とすと
基礎代謝も落ちてしまうので
健康的とは言えなくなってしまいます。

運動をして筋肉量が落ちてしまうようなら、
練習をやり過ぎてしまったり、
練習と食事のバランスが悪くなっている可能性があります。

運動と食事は密接な関係にあります。

ですのでバランスの良い食事になるように心がけて、
トレーニングでついた筋肉が落ちないようにして下さい。

 

脂肪が落ちる

ダイエットにチャレンジしようとする人が期待しているのは、脂肪が落ちてくれる事です。

脂肪は燃焼すると落ちます。

脂肪を燃焼させたいなら
会話ができるレベルの有酸素運動がオススメです。

よく知られているのはジョギングや水泳です。

脂肪を落とすためにジョギングや水泳に取り組むわけですが、
脂肪=悪と一概には言えないのです。

今の時代は三食を十分に食べる事が出来る飽食の時代です。

ですので普通に生活していても、
気がつけば脂肪がつきやすい物を食べてしまいやすいです。

そんな事情もあって、
運動をして脂肪を燃焼させる必用があります。

脂肪は万が一の時の蓄え、
生命を維持するための貯金のような働きがあります。

ですので、
ダイエットもやり過ぎてしまうと、
かえって健康を害してしまう事になりかねません。

 

有酸素運動は
なぜ効果的なのか?

ダイエットを成功させようと思えば、
有酸素運動を欠かす事は出来ません。

効果を体感したいなら、
最低でも20分以上継続して運動しなくてはなりません。

何故ならば、
運動を開始すると最初の20分で炭水化物をエネルギー源として、
20分経過した頃から脂肪をエネルギーに変換するからです。

それと、
20分以上運動を継続すると
血液のエネルギーも使う事になって、
より多くの血液が必要になります。

ですので、
血管を膨らませてより多くの血液を送れるようにしなくてはなりません。

血管の収縮が今までよりも多くなって、
脂肪の燃焼をサポートします。

こういった理由から、
20分以下の運動ではダイエット効果はそれほど期待できません。

普段の生活の中で
20分以上の有酸素運動を実践する事をオススメします。

太りにくい体質を手に入れて下さい。

運動を開始すると
身体は、エネルギー源として脂肪ではなくて
糖分を活用しようとします。

5分、10分と運動を続ければ、
少しづつ糖分を使用する割合が減って行って、
脂肪を活用するようになっていきます。

個人差はあるんですが、
だいたい20分を経過すると
糖分と体脂肪の活用の割合が逆転して、
体脂肪がエネルギー源として活用されていきます。

言うまでもなく、
数分程度の運動でも脂肪を燃焼させる効果は0ではありません。

ですが、ジョギングをしてより高いダイエット効果を望むのであれば、
是非とも20分以上継続して頂きたいところです。

ジョギングの注意点

ジョギングをしてダイエットするケースでは、
運動量食事、十分な睡眠等、重要なポイントがあります。

さしあたって月間の減量目標を決めましょう。

無理をしないで長期間にわたってジョギングを継続して行きたいなら、
1か月で2kg位の減量がベストでしょう。

とりわけジョギングは血液のエネルギーを使用する事になります。

ですので貧血にも注意して下さい。

焦る必要は全くありません。

ゆったりとした気持ちで継続していけば
代謝が良い(太りづらい)体質になります。

 

食事のタイミング

朝ジョグ派の方と夜ジョグ派の方とでは、
食事をするタイミングと量が違います。

ジョギングする1つ前の食事は結構重要です。

基本的には食事が終わって3時間以上経過してからジョギングした方が良いです。

 

ジョギング前の食事
『朝ジョグ派』

夕食をシッカリ食べて、朝、目を覚ましたら水分を補給してからジョギングしてください。

そうすれば効率よく脂肪を燃焼させる事ができます。

夜ジョグ派

昼食をシッカリ食べてジョギングすると効率よく脂肪を燃焼させる事ができます。

 

ジョギング後の食事
『ジョギング後、0分~30分の間に食事をするケース』

朝ジョグ派の方も夜ジョグ派の方も、
ジョギング直後の食事は量より質を心がけて下さい。

運動した直後は胃腸の働きが弱くなっています。

ですので、消化不良になる可能性が高いです。

栄養価が高くて消化の良い物を口にするのがオススメです。

たとえば、ジョギングが終わってから30分以内は、
豆乳果汁が100%のジュースバナナフルーツ等を口にすると良いでしょう。

『ジョギング後、30分~2時間以内に食事をするケース』

せっかく運動してカロリーを消費したのに、食べてしまうと元に戻ってしまうんじゃないかと不安になるかもしれません。

ですが、運動した後にタンパク質をシッカリ摂取すると、
脂肪が燃えやすくなって、
代謝の良い身体になります。

 

どんな物をどの程度
口にすれば良いのか?

一日三食が良いのか、一日二食が良いのか、諸説あります。

ですが、「回数」よりも「一日のトータルカロリー」に気を使うべきです。

好きな物だけ食べるような偏りのある食事ではなく、
バランスの良い食事を心がけて下さい。

たとえば、ジョギングの後は
運動で失われてしまったビタミンとかミネラルを補って、
身体作りを促進してくれるタンパク質炭水化物を取り入れたメニューがベストです。

 

洋食の場合

ご飯や野菜がしっかりと入っているミネストローネやポトフ、
トウフのハンバーグ、
鮭のムニエル、
きのこや小松菜の揚げびたし、
サーモンのマリネ等。

 

和食の場合

ご飯、
トウフやネギ、キャベツ、玉ねぎ、さつま芋等、
野菜とか海藻類をしっかりと取り入れたメニューにして下さい。

ジョギングを始める方の目的は大抵の場合、ダイエットや健康を維持する事です。

むやみやたらにジョギングするのではなく、
身体の仕組みを正しく理解して、食事にも神経を使うと、
運動の効果は高くなります。

楽しみながら継続できるように、
正しい知識を身につけて下さい。

スポンサーリンク

おすすめの記事