【ダイエット】
食事制限なしで
短期間で体重を減らす!

ダイエットを成功させようとすれば、
シビアな食事制限が必要・・と考えていらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、極端過ぎる食事制限はストレスが溜まってしまいますし、
リバウンドしやすいんです。

スポンサーリンク

それと、
とにかく食べる事が好きでしかたない人達からすると、
食事制限が必要なダイエットは拷問みたいなものです。

そりゃそうですよね、
生きる上での楽しみが1つ無くなってしまうのですから。

とは言え、
好きな物を好きなだけ食べていたのでは、
言うまでもなく太ってしまいます。

そのような人達に是が非でもチャレンジしてもらいたいのが、
食事を制限しないダイエットです。

「えっ?食事制限なしで痩せる事が出来るの?」
と疑問に思ったかも知れません。

ですが、
摂取カロリーを減らす事が無理だという人は、
消費カロリーを増やせば良いのです。(筋トレやスクワット)

今回の記事では、
食事を制限したくない人達のために、
『食事制限なしダイエット』を紹介させて頂きます。

 

『食事制限なしダイエット』って何?

『食事制限なしダイエット』というのは、
食事制限をしないダイエット方法です。

大抵のダイエットは、
カロリーを制限する必要があります。

要するに食事の量や質をコントロールして摂取カロリーを抑えなければなりません。

ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリーです。

食事で摂取するカロリーを少なくする事ができれば、
人間の身体は寝ているだけでも、エネルギーを使用するので、
勝手に体重が落ちてくれます。

とは言え、
食欲は生きていく上で欠かす事が出来ません。

そう手軽に食欲を抑える事が出来ないという人のほうが圧倒的に多いことでしょう。

ですので、
食事制限をしてダイエットを成功させようとしても挫折する人が多いのです。

反動で過食に走ってしまって、
かえってダイエットする前よりも太ってしまったという人達が星の数ほどいるんです。

ですが、
食事制限の必要がないダイエットなら、
こんな心配はまずありません。

なぜかと言えば、
食事制限をしないからです。

 

本当に
『食事制限なしダイエット』で
痩せる事が出来るのか?

結論を言ってしまうと、
無理に食事制限をしなくても、
消費カロリーをアップする事ができれば痩せる事は可能です。

例えば、1日に2,000キロカロリーの食事をしたとしても、
2,100キロカロリー分のカロリーを消費できれば、何一つ問題はありません。

しかも、連日2,100キロカロリーを消費するだけの運動をしなくてはならないという事ではありません。

カロリーは運動をしていなくても睡眠中や入浴中にも消費されるので、
実際の運動量はそんなに多くはなりません。

『食事制限なしダイエット』の長所・短所

『食事制限なしダイエット』の長所は、
何と言いましてもストレスが無いことです。

食べたい物を食べられずに空腹を我慢している時のストレスは想像以上のものがあります。

ダイエット経験者は例外なく身に覚えがあると思います。

そのストレスがないだけでも、
ダイエットが相当に成功しやすくなるのは確かです。

いっぽう、食事を制限せずにダイエットする場合は、
結果が出るまでに時間がかかってしまいます。

そこは間違いなく短所と言えるでしょう。

実を言うと、
運動をして消費されるカロリーは全消費カロリーの30%程度です。

カロリーは大抵の場合、基礎代謝によって消費されます。

運動による消費カロリーはそれほど多くはないので、
運動するだけで短い期間のうちに5kg、10kg痩せるというのは相当難しいんです。

とは言え、運動をして筋肉量が増加すると、
基礎代謝もドンドンと上昇します。

ですので、運動に全く意味がないわけではありません。

食事を制限しないダイエットにチャレンジするのであれば、
満足のいく結果が出るまでに時間が掛かる事は前もって理解しておいて下さい。

 

基礎代謝を上げて
手軽にダイエットする方法!

『食事制限なしダイエット』で最もオススメ出来るのはスクワットです!

身体の筋肉のうち、70%は下半身に集まっています。

ですので、効率的に筋肉量を増加させたいなら、下半身を鍛えるほうが良いのです。

下半身を鍛えたいならスクワットがベストです。

スクワットは、
下半身の中で大きな割合を占めている太ももの筋肉を始めとして、
ヒップ、ふくらはぎ、下腹部と、
たくさんの筋肉を鍛える事が出来ます。

 

『食事制限なしダイエット』
オススメの筋トレ

消費カロリーをアップさせたいなら、筋肉量を増やす事がものすごく重要です。

今回は、食事を制限しないでダイエットしたいという方にオススメの筋トレを紹介させて頂きます。

 

ドローイン

お腹をへこませて、インナーマッスルを鍛えます。

 

レッグランジ

足を肩幅と同じ位に開いて、片側の足を一歩前に出して膝を曲げて、
太ももとフロア(床)が水平になるように身体を落として下さい。

元の位置に戻って、左足と右足を交互に行って下さい。

 

腹筋

 

『食事制限なしダイエット』
オススメのエクササイズ(運動)やストレッチ

筋トレで筋肉量を増加させるだけじゃなくて、
軽めのエクササイズ(運動)やストレッチをして怪我防止や体調管理にも努めて下さい。

今回は『食事制限なしダイエット』を成功に導くためにオススメのエクササイズ(運動)やストレッチを紹介させて頂きます。

 

骨盤矯正ストレッチ

フロア(床)に足を真っ直ぐ伸ばした状態で座って、両手を前習えにして左右のお尻を交互に動かして前に進んで下さい。

股関節を柔らかくするストレッチ

股関節を柔らかくしたいなら、何と言っても股割りが一番です。

お相撲さんが稽古場でやっているトレーニング方ですね。

身体の硬い人は無理せずに、少しづつ時間をかけて開脚していくようにしましょう。

因みに私は銭湯に行くと、必ず湯船の中で股割りをします。

自宅の風呂でも股割りが出来る位の広さがあるのでしたら、試してみても良いと思います。

股関節が柔軟になると、腰痛も治りますよ。

一石二鳥なので、是非チャレンジして下さい。

 

爪先立ちエクササイズ

フロア(床)に立った状態から、踵(かかと)を上げて爪先立ちをして、踵(かかと)をつける⇒爪先立ちするという動きを反復して下さい。

筋トレをして筋肉量を増加させると基礎代謝をアップさせる事はできますが、
筋トレだけを行っても、多くの脂肪を燃焼してくれるわけではありません。

カロリーを消費したいのであれば有酸素運動が必要不可欠です。

有酸素運動というのは、酸素を多く摂りいれる運動の事です。

 

ジョギング又はウォーキング

有酸素運動といえば、ジョギングやウォーキングが有名ですね。

ジョギングのほうが、消費カロリーが増えるんですが、
注意して頂きたい事があります。

「ハァハァ・・」と息切れするほど速いペースで走ったりしないでください。

有酸素運動の際は、酸素を多くとりこんだほうが脂肪燃焼効果が高くなると言われています。

ですので、ジョギングもウォーキングも、息切れしない程度で行って下さい。

『食事制限なしダイエット』を成功させる
食事のポイント7つ!

『食事制限なしダイエット』は、食事を制限する必要はありません。

ですが、正しい食生活を送るとダイエットの成功率が高くなります。

 

① 高カロリーのものは、なるべく朝か昼に

夕食に脂質や糖質の多いものを食べてしまうと脂肪になりやすいです。

あげ物とかお菓子類は朝、或いは昼に食べるようにして下さい。

 

② 水分の摂取

こまめに水分を摂取すると空腹感を和らげる事ができますし、余計なものを食べなくなります。

 

③ 食べ過ぎた時は夕食時にコントロールする

食事制限なしとは言え、言うまでもなく食べ過ぎてしまえば太りやすくなります。

昼食や間食で食べ過ぎたと感じたら、夕食の量を減らしたりしてコントロールして下さい。

④ 最初は野菜から食べる

食事の際は血糖値を上げにくい順番を意識して食べて下さい。

具体的には、食物繊維を多く含む野菜⇒お肉などタンパク質⇒ご飯やパンなど糖質という順番です。

⑤ 間食は午後2時~3時のあいだに

おやつやお菓子を食べる事を止める事のできない人は、
脂肪になりやすい時間帯は避けで下さい。

午後2時~3時のあいだは、血糖値の上昇が落ち着いているので、脂肪になりにくいです。

⑥ 食後に5分位の運動

運動といってもジムに行って本格的なトレーニングするという事でなくても全く問題ありません。

たとえば掃除したり近所をグルっと散歩する程度でOKです。

食後に軽く身体を動かすと血糖値が上昇するのを抑えて、食べた物が脂肪になるのを防いでくれます。

⑦ 夕食は寝る3時間~4時間前までに終わらせる

遅い時間に夕食を食べると脂肪になりやすい事が判明しています。

就寝する3時間~4時間前には夕食を終わらせるようにして下さい。

まとめ

【ダイエット】食事制限なしで短期間で体重を減らす!を最後まで読んで下さって誠にありがとうございます。

食事制限をしなくても、筋トレを実践して筋肉量を増やせば基礎代謝をアップさせる事ができて、痩せやすい身体になります。

それと、基本的には好きな物を食べながらダイエットを行うわけですが、
食生活にちょっと工夫を加えると、
『食事制限なしダイエット』の成功はより確実なものになります。

おすすめの記事