宇宙人?
“パラカスの頭蓋骨”に新展開!
DNA鑑定で示された驚愕の新事実は
人類史を変えてしまう可能性!

1928年にペルー南部パラカスで発見された、約3000年前のものと考えられているパラカスの頭蓋骨・・・

このミステリアスな頭蓋骨を巡って様々な意見が飛び交っています。

 

先天異常の人類の亜種?

現在までに300以上の“パラカスの頭蓋骨”が発見されていますが、
異常と言えるほどに長く変形した頭蓋骨はエイリアンではないか、
或いは幼少時に頭を木の板で挟んで変形させていたのではないかと言われています。

スポンサーリンク

DNA鑑定も数回行われましたが、
地球外生命体かもしれないと世間を騒がせました。

近頃、現地のパラカス歴史博物館とペルー政府が
共同でDNA鑑定行って、最新の結果が発表されたのですが、
非常に大きな関心を集めています。

パラカス歴史博物館の館長ブライアン・フォレスタアさんの報告によると、
この不思議な形状をした頭部を持っている人間は
遺伝子の異常で先天的に誕生した人類の亜種の可能性があるみたいです。

黒海とカスピ海の間で発見された、同様に長い頭を持っている種と共通のDNAが確認されたようです。

写真は「Brien Foerster」から

 

様々な人類の雑種?

従来の人類と比較すると頭蓋部分が25%大きく、重量も60%重い事が明らかになりました。

この結果、人口頭蓋変形説の可能性は完全に否定されてしまいました。

わざと長く変形させていたら頂頭部は細長くなっているはずです。

しかしパラカスの頭蓋骨は先端が平らな状態で接合しています。

「100%のネイティブアメリカンではない」事は間違いないようです。

様々な人類の雑種のように見えるみたいですね。

写真は「Brien Foerster」から

東ヨーロッパから西アジアに起源を持っている人類の亜種が
何者かに侵入されたためにその地を追われて、
ペルシャ湾から海を渡りペルーに辿り着いて定住した可能性がある
とフォレスタアさんは語っています。

今回フォレスタアさんが語った結果と仮説は“エイリアン説”に期待を抱いていた人達を落胆させてしまいました。

他の長頭頭蓋骨文化との関係性も未だに不明な点が多く残っています。

人類の進化の系統樹に新しい展望が開けるのでしょうか?

パラカスの頭蓋骨の研究は引き続き行われています。

今後、新たな報告があることを期待しています。

動画は「Brien Foerster」から

スポンサーリンク

おすすめの記事